So-net無料ブログ作成
検索選択

バストアップタイムに最適な午後10時~午前2時 [バストアップタイム]







美容のゴールデンタイムを聞いたことがあるかもしれませんが、
美容と同じ時間がバストアップタイムです。


バストアップに重要な役割のある成長ホルモンの分泌量が
ピークになるのが、午後10時~午前2時です。


成長ホルモンの分泌量の増加による効果として
・バストアップ
アンチエイジング
ダイエット

などの効果がありますが、この3つの共通点といえば
「規則正しい生活」です。


そのため、バストアップタイムも美容・ダイエットと同じ
成長ホルモンの分泌量は成功するための必需品なのです。



深い眠りのノンレム睡眠中3時間というのがピークの時間で、
規則正しい睡眠をしていれば、午後10時~午前2時は
睡眠の時間になるのです。


テレビも見たいし、仕事も忙しい。

なかなかそんな時間に睡眠は難しい。


こんな人であっても、せっかくの重要な時間なので、
この時間に睡眠を合わせるようにしてください。



きちんと早起きをして、体のバランスを整えていくのは
健康にも良いことです。



バストアップタイムを大切にして、
効果的にバストアップをしていきましょう。



小さな胸にコンプレックスを抱えていませんか?








nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

ラクトゲン受容体について [バストアップを促す成分]





バストアップできるかどうかは「ラクトゲン受容体」次第。


そういわれるくらいラクトゲン受容体というのは
必要なものなのです。


10代前半くらいで胸が大きくなりだしたという人は、
成長ホルモンの分泌量が多いといえます。


通常は20代にできるラクトゲン受容体ですが、
個人差があり、できない人もいるのです。


残念ながら、これを調べる方法はないのですが、
乳腺の中のラクトゲン受容体が働いているのなら
バストアップをすることができます。


時期も量も個人差があるので、成長期は人それぞれで
成長ホルモンの分泌量を増加させたときに作用してるなら
バストアップ効果があります。


成長ホルモンは、サプリメントなどで分泌量を増加させる
ことができますので、試してみるのも良いでしょう。


もちろん、一度大きくなったバストは、
生活が変わったり、理由がなければ
小さくなることはありません。


なかなかバストアップに効果がないと言う人は、
ラクトゲン受容体が作用しているかどうかを
成長ホルモンの分泌量を増加させて調べて
みてはどうでしょう。


原因を知ることも、バストアップの近道になります。





nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

乳腺と脂肪組織の関係 [バストアップ基礎知識]


※8月下旬~発送予定※《お得な5+1個セット送料無料》【ファストマジック ボリュームアップジェル】“塗るバストUP生ゼリー”【MAX STORE】


バストにとって大切なのが、脂肪組織です。



バストは脂肪でできているというのはご存じだと思いますが、
脂肪組織は90%で残りの10%は乳腺組織でできています。



脂肪組織によって、柔らかく張りのあるバストになりますが、
実は脂肪組織は乳腺を守るという役目もあるのです。



乳腺が発達すれば、脂肪の量も増えていくことになりますが、
脂肪量というのは1歳まで増えたら、後は思春期まで増えます。



3歳までに肥満が決まると聞いたことがありませんか?



また女性は思春期くらいまで丸みがありますが
20歳を超えるとスッキリして痩せることも。



脂肪細胞は、成長期までは数を増やしていきますが、
それを過ぎると細胞が増加すると言われていますが、
最近では数も少し増えてくとも言われています。



乳腺が発達すれば、脂肪も増加していくとなれば、
バストアップでは乳腺の発達が必要になります。


そして、乳腺と脂肪組織の発達に欠かせないのは
女性ホルモンです。



女性ホルモンの分泌量を増加させて、
脂肪組織と乳腺を発達させていき、
バストアップを効果的にしましょう。


【ピュアプエラリア(90日分)】【アメリカヤ2号館】












nice!(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:美容

極端なダイエットはバストアップに逆効果 [バストアップを妨げるもの]


daiet-ic4.jpg


ダイエットをしながら、スタイルをよくしていくことや
規則正しい生活をするのは良いことです。



それによって、バストアップ
効果的になることもあります。




しかし、ダイエットでも極端なダイエットはよくありません。



バストアップに影響があるだけでなく、体を壊してしまい、
キレイバストを維持できなくなることがあるのです。




バストアップするのに理想な体型は「痩せている」よりも
「普通」である程度体脂肪がある状態です。



極端なダイエットをすると、ムリな食事制限をしたりで
エストロゲンを分泌するように命令をだす働きをする
ホルモン中枢を痛めてしまうのです。



これによって、バストアップができないどころか、
サイズダウンすることもあるのです。




健康のためのダイエットであれば、心や体も綺麗になり
代謝・血流アップによってバストアップにも効果的です。



しかし、女性ホルモンの事を考えないどころか
生理不順など体調が悪くなる極端なダイエットは
健康にも良くないのでやめましょう。









nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

卵胞ホルモンと黄体ホルモン [ホルモンバランス]

バストアップとホルモンにはとても深い関係があります。


女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と
黄体ホルモン(プロゲストロン)の2種類があります。

特に黄体ホルモンは乳腺の発達に重要な役割があり、
バストアップには欠かせないホルモンです。


黄体ホルモンというのは、分泌量がすくないと
女性にとって様々な影響を引き起こします。

【月経異常】
生理不順
・生理がこない
・生理痛

【妊娠】
・不妊
・流産
・早産

これらのことは黄体ホルモンが原因と考えられ、
分泌量を増やすと改善することがあります。


また、バストアップにも分泌量が大切になりますが、
ただ増やせば良いというわけではありません。

卵胞ホルモンとバランスが良くなければ意味ないので、
ただ黄体ホルモンを増やすだけではよくありません。


黄体ホルモンの分泌量を増加させるには、
食事やサプリメントも有効です。


チェストベリーやサクラソウなどのハーブが効果的ですが、
先ほども言ったように卵胞ホルモンも増やすようにしてください。



植物の中には、エストロゲンと似ている生理作用を持つ物質
(植物エストロゲン)もあります。



大豆などに含まれるイソフラボンが代表的に知られています。



また、プエラリア(Pueraria mirifica)の根茎に含まれる
ミロエステロールやデオキシミロエステロールは、
イソフラボンより作用が強く、豊胸用などのサプリメント
として販売されています。



このホルモンバランスについては、病院でも調べられるので
気になる人は、婦人科などで検査してもらうと良いでしょう。














cbu.jpg

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

アンジー(アンジェリーナジョリー)には脱帽! [バストアップで注意すること]


466624354_7aba88a668.jpg

アンジー(アンジェリーナジョリー)の決断は、びっくりしました。


同じ女性として、乳房を切るのはとても勇気がいると思いますし、
悩んだことでしょう。


アンジーからみれば、バストアップしたいなんて悩みの内に
はいらないかも・・・[たらーっ(汗)]


女性の胸は、発育する時期や変化する時期があります。


■思春期

女性ホルモンの分泌が活発になり、乳房が成長し始めます。

発育時期には個人差があるため、
成長を始めるのはそれぞれで
だいたい18歳くらいまで発育します。


妊娠・出産

妊娠によって、女性ホルモンの分泌量は急増します。

それだけでなく、母乳を出すために乳腺も発達するので、
胸は自然に大きくなり、初産の人は驚くことがあります。

産後の授乳する前は、張ってしまい痛いですが、
授乳をしはじめ卒乳まで元に戻っていきます。

授乳などで睡眠不足になりがちですが、
ホルモンバランスをきちんとしておかないと
バストが垂れてしまいます。


更年期

年と共に女性ホルモンが減少するため、
胸は垂れていきます。

また、張りもなくなっていきます。


■その他

月経など、生理不順など女性特有のものによっても
乳房の発育は変化します。


このように、女性の乳房の発育は
ホルモンによって大きく変わります。

ホルモンバランスを正しくしていけば、
バストアップも変化していくのです。


ありがとうございました。








【B-UPガールズ豊胸法】

nice!(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:美容

外人に多いセクシーな円錐形乳房 [バストライン]

bst.jpg


欧米女性のバストラインって綺麗ですよね。



バストアップをしても、綺麗なバストラインでなくては
意味がありません。


形を気にせず、ただバストアップをするけでは
魅力的なバストではないのです。


色々な形がありますが、理想的な胸の膨らみは
「円錐形」と言われています。


ツンと前にでてふくらみがあるので、セクシー系で
欧米の女性に多いと言われています。


たしかに、映画下着などの雑誌で見る外人女性は
日本人と違い、張りがあって、突き出した胸ですよね。



日本人はお皿をかぶせたような円盤のような形が
多く、トップとアンダーの差が少ないのが特徴です。



円錐型は、大きく見えて谷間もできやすいだけでなく、
男性の好みにも近いのです。


ただ、垂れてしまうというデメリットもあるので、
お肌にハリを保つのも必要です。



どんなタイプの乳房にするかをきちんと考えながら
バストアップをしていくようにしましょう。



大きさだけではなく「理想的な形」というのも大切です。



左右のバストトップと鎖骨の中心を正三角形にする
キレイなバストラインを目指しましょう。















nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

乳腺の発達具合 [バストアップで注意すること]


バストは乳腺の発達具合が大切で、
それによって大きさが変わってきます。


乳腺が発達すれば、バストは張りがあるので垂れませんが、
そうでない場合は張りがなくなり垂れやすくなってしまいます。


母乳を分泌し、乳頭まで運ぶ働きをするため
妊娠してから授乳中はバストアップしますが、
卒乳後は母乳を運ばなくなるので元に戻ります。


このときに、張りがなくなってしまうと垂れて
しぼんでいったようになってしまうのです。


では、妊娠をして母乳を出さないといけないの?
といえば、そういうわけではありません。


乳腺を発達させるには、女性ホルモンの分泌量を増加させ
豊富な女性ホルモンがあれば良いのです。


乳腺も個人差があり、乳腺が多い乳腺質な人もいますが、
日本人女性は脂肪質などで柔らかくて垂れやすいです。


女性ホルモンの分泌量をあげ、乳腺を発達させるのと同時に
キレイなバストラインを作るために、大胸筋を鍛えたり
マッサージをしていくことが大切です。



キレイなバストラインを手に入れませんか?

















【ニキビ・にきび痕改善法】

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

バストケアのコツは、筋肉と皮膚を守ること [バストアップにかかせないこと]



バスト皮膚に包み込まれていて、その中の土台は筋肉です。



しかし土台はあったとしても、バストの中には筋肉がありません。



それでは、どこがバストを支えているかというと…
首から胸の皮膚なのです。



それだけ?と思うかもしれませんが、
薄い皮膚が張りや形を維持しています。



ということは、もちろん皮膚の張りがなくなれば
バストも垂れてしまうのです。


そうならないためにも、まずは張りがポイントです。



皮膚への張りは、スキンケアをするのと同じで、
若々しい状態を保つことができます。



また、ケアだけでなくマッサージをするようにしましょう。


そして、もうひとつ。



皮膚と同じく筋肉も鍛えるようにしてくださいね。



大胸筋を鍛えるだけでも、バストが大きく見えます。



バストに大切なのは大胸筋と胸郭で、
正しい姿勢ときちんと鍛えていけば、
キレイなバストラインになります。



とはいえ無理な運動や過剰なケアは痛めて
逆効果になってしまいます。



サプリメントなどでバストアップをするだけでなく、
筋肉と皮膚のケアやマッサージ、運動などをしながら
バストアップしていきましょう。




バストの悩みを解消していきませんか?




プエラリア サプリ プエラリアミリフィカ サプリメント 胸 バスト 大きく グラマー 大きい バストケア アップ【25%OFF】【メール便】エンジェルプエラリア/プエラリア サプリ プエラリアミリフィカ サプリメント 胸 バスト 大きく グラマー 大きい バストケア アップ【送料無料】【FL】















パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

バストアップを妨げる食べ物とは [バストアップを妨げる食品]


seasoning_a_08.jpg



バストアップをする食べ物がありますが、逆にバストアップを
妨げる食べ物もあります。



主に炭水化物や脂質は、バストアップを妨げてしまいます。

●炭水化物

パン
麺類
イモ類

●脂質

バター
ドレッシング


また、そのほかにもインスタントや
レトルトなどの添加物はホルモンに影響します。



甘いものもホルモン分泌によくないので、
食べ過ぎないようにしましょう。



胸を大きくしたいなら牛乳!と聞きますが、
実は牛乳もあまりよくありません。



牛乳には脂質が含まれているので、
飲みすぎてしまうと、脂質の摂り過ぎになるのです。



良いと思っていたのに…と思っても、
逆に栄養が偏ってしまったり
栄養によってはマイナス効果になってしまいます。



せっかくバストアップのつもりが、
バストアップの妨げになってしまうなんて
知らないと損をしてしまいますよね。



バストアップのために…と思っていても、
そうでない場合もありますので、
バランスの良い食生活を目指しましょう。



正しい知識を手に入れたうえで、バストアップを
始めましょう。








nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。