So-net無料ブログ作成
検索選択
バストアップを促す成分 ブログトップ

貧乳の原因は乳房の脂肪量が少ないこと [バストアップを促す成分]


E38390E382B9E38388E382A2E38383E38397E794BBE5838F.jpg d=a0.jpg


女性だけでなく男性も「脂肪」と聞くと、
あまりついて欲しくないという良くない
イメージがあります。


しかし、バストアップには
脂肪は必要になります。


バストが小さい人で痩せ型の人は、
全体的に脂肪量が少なく
乳房にも脂肪量も少ないでしょう。



豊胸などの方法にも脂肪注入があり、
簡単に理想のバストを
手に入れることができます。


脂肪とはいっても贅肉ではないので、
無駄な脂肪ではありません。

また、バストの脂肪量は、
乳腺の発達により決まります。


ということは、まずは乳腺の発達をする必要があり、
そのためには女性ホルモンの分泌が大切です。


女性ホルモンの分泌量が増加すれば、
乳腺が発達し、脂肪量が増える


乳腺の量が多ければ形も良くなり、
キレイなバストラインになります。


ただ、脂肪量を増やすだけでは大きくなるだけ。


垂れてしまったり、形があ悪くなってしまうので、
大胸筋を鍛える必要もあります。


バストアップするには脂肪量。
とはいえ、ただ太れば良いというわけではありません。


バストの仕組みを知り、脂肪量を増やすためには
ホルモン分泌量増加、乳腺の発達も心がけて、
美しいバストラインを手に入れましょう。



自然に豊胸ができたら良いと思いませんか?


ninnki.jpg









ラクトゲン受容体について [バストアップを促す成分]





バストアップできるかどうかは「ラクトゲン受容体」次第。


そういわれるくらいラクトゲン受容体というのは
必要なものなのです。


10代前半くらいで胸が大きくなりだしたという人は、
成長ホルモンの分泌量が多いといえます。


通常は20代にできるラクトゲン受容体ですが、
個人差があり、できない人もいるのです。


残念ながら、これを調べる方法はないのですが、
乳腺の中のラクトゲン受容体が働いているのなら
バストアップをすることができます。


時期も量も個人差があるので、成長期は人それぞれで
成長ホルモンの分泌量を増加させたときに作用してるなら
バストアップ効果があります。


成長ホルモンは、サプリメントなどで分泌量を増加させる
ことができますので、試してみるのも良いでしょう。


もちろん、一度大きくなったバストは、
生活が変わったり、理由がなければ
小さくなることはありません。


なかなかバストアップに効果がないと言う人は、
ラクトゲン受容体が作用しているかどうかを
成長ホルモンの分泌量を増加させて調べて
みてはどうでしょう。


原因を知ることも、バストアップの近道になります。





nice!(0)  トラックバック(1) 
バストアップを促す成分 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。