So-net無料ブログ作成
ホルモンバランス ブログトップ

卵胞ホルモンと黄体ホルモン [ホルモンバランス]

バストアップとホルモンにはとても深い関係があります。


女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と
黄体ホルモン(プロゲストロン)の2種類があります。

特に黄体ホルモンは乳腺の発達に重要な役割があり、
バストアップには欠かせないホルモンです。


黄体ホルモンというのは、分泌量がすくないと
女性にとって様々な影響を引き起こします。

【月経異常】
・生理不順
・生理がこない
・生理痛

【妊娠】
・不妊
・流産
・早産

これらのことは黄体ホルモンが原因と考えられ、
分泌量を増やすと改善することがあります。


また、バストアップにも分泌量が大切になりますが、
ただ増やせば良いというわけではありません。

卵胞ホルモンとバランスが良くなければ意味ないので、
ただ黄体ホルモンを増やすだけではよくありません。


黄体ホルモンの分泌量を増加させるには、
食事やサプリメントも有効です。


チェストベリーやサクラソウなどのハーブが効果的ですが、
先ほども言ったように卵胞ホルモンも増やすようにしてください。



植物の中には、エストロゲンと似ている生理作用を持つ物質
(植物エストロゲン)もあります。



大豆などに含まれるイソフラボンが代表的に知られています。



また、プエラリア(Pueraria mirifica)の根茎に含まれる
ミロエステロールやデオキシミロエステロールは、
イソフラボンより作用が強く、豊胸用などのサプリメント
として販売されています。



このホルモンバランスについては、病院でも調べられるので
気になる人は、婦人科などで検査してもらうと良いでしょう。














cbu.jpg

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
ホルモンバランス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。