So-net無料ブログ作成
検索選択
バストアップで注意すること ブログトップ

アンジー(アンジェリーナジョリー)には脱帽! [バストアップで注意すること]


466624354_7aba88a668.jpg

アンジー(アンジェリーナジョリー)の決断は、びっくりしました。


同じ女性として、乳房を切るのはとても勇気がいると思いますし、
悩んだことでしょう。


アンジーからみれば、バストアップしたいなんて悩みの内に
はいらないかも・・・[たらーっ(汗)]


女性の胸は、発育する時期や変化する時期があります。


■思春期

女性ホルモンの分泌が活発になり、乳房が成長し始めます。

発育時期には個人差があるため、
成長を始めるのはそれぞれで
だいたい18歳くらいまで発育します。


妊娠・出産

妊娠によって、女性ホルモンの分泌量は急増します。

それだけでなく、母乳を出すために乳腺も発達するので、
胸は自然に大きくなり、初産の人は驚くことがあります。

産後の授乳する前は、張ってしまい痛いですが、
授乳をしはじめ卒乳まで元に戻っていきます。

授乳などで睡眠不足になりがちですが、
ホルモンバランスをきちんとしておかないと
バストが垂れてしまいます。


更年期

年と共に女性ホルモンが減少するため、
胸は垂れていきます。

また、張りもなくなっていきます。


■その他

月経など、生理不順など女性特有のものによっても
乳房の発育は変化します。


このように、女性の乳房の発育は
ホルモンによって大きく変わります。

ホルモンバランスを正しくしていけば、
バストアップも変化していくのです。


ありがとうございました。








【B-UPガールズ豊胸法】

nice!(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:美容

乳腺の発達具合 [バストアップで注意すること]


バストは乳腺の発達具合が大切で、
それによって大きさが変わってきます。


乳腺が発達すれば、バストは張りがあるので垂れませんが、
そうでない場合は張りがなくなり垂れやすくなってしまいます。


母乳を分泌し、乳頭まで運ぶ働きをするため
妊娠してから授乳中はバストアップしますが、
卒乳後は母乳を運ばなくなるので元に戻ります。


このときに、張りがなくなってしまうと垂れて
しぼんでいったようになってしまうのです。


では、妊娠をして母乳を出さないといけないの?
といえば、そういうわけではありません。


乳腺を発達させるには、女性ホルモンの分泌量を増加させ
豊富な女性ホルモンがあれば良いのです。


乳腺も個人差があり、乳腺が多い乳腺質な人もいますが、
日本人女性は脂肪質などで柔らかくて垂れやすいです。


女性ホルモンの分泌量をあげ、乳腺を発達させるのと同時に
キレイなバストラインを作るために、大胸筋を鍛えたり
マッサージをしていくことが大切です。



キレイなバストラインを手に入れませんか?

















【ニキビ・にきび痕改善法】

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
バストアップで注意すること ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。