So-net無料ブログ作成
検索選択

乳腺と脂肪組織の関係 [バストアップ基礎知識]


※8月下旬~発送予定※《お得な5+1個セット送料無料》【ファストマジック ボリュームアップジェル】“塗るバストUP生ゼリー”【MAX STORE】


バストにとって大切なのが、脂肪組織です。



バストは脂肪でできているというのはご存じだと思いますが、
脂肪組織は90%で残りの10%は乳腺組織でできています。



脂肪組織によって、柔らかく張りのあるバストになりますが、
実は脂肪組織は乳腺を守るという役目もあるのです。



乳腺が発達すれば、脂肪の量も増えていくことになりますが、
脂肪量というのは1歳まで増えたら、後は思春期まで増えます。



3歳までに肥満が決まると聞いたことがありませんか?



また女性は思春期くらいまで丸みがありますが
20歳を超えるとスッキリして痩せることも。



脂肪細胞は、成長期までは数を増やしていきますが、
それを過ぎると細胞が増加すると言われていますが、
最近では数も少し増えてくとも言われています。



乳腺が発達すれば、脂肪も増加していくとなれば、
バストアップでは乳腺の発達が必要になります。


そして、乳腺と脂肪組織の発達に欠かせないのは
女性ホルモンです。



女性ホルモンの分泌量を増加させて、
脂肪組織と乳腺を発達させていき、
バストアップを効果的にしましょう。


【ピュアプエラリア(90日分)】【アメリカヤ2号館】












nice!(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。